薦田典佳 働くを楽しむにはポジティブシンキングを身に着ける

薦田典佳 働くを楽しむにはポジティブシンキングを身に着ける

働くことがつまらない、しんどいと感じる方の多くは「働く」という行為をネガティブなものとしてとらえています。

つまり、自分自身の考え方をポジティブに変えていくことで、働く事の苦痛から抜け出す事ができるようになるのです。

物事を常に肯定的にとらえる訓練をすることで、前向きになり、仕事に対しても「楽しい」や「良い」「好き」という面を見つける事ができるようになります。

ネガティブ思考をどうポジティブにすればいいのか?

思考というのは他者から影響されています。特に貴方がネガティブ思考になってしまった原因の一つに、両親から幼いころから刷り込まれたネガティブな考え方の教えのせいです。

まずは自分自身がポジティブに変えていきたいと思うのであれば、ネガティブな物言いをする人と距離をとりましょう。

ネガティブな物言いをする人から離れて、ポジティブ思考の人と行動をするようにするだけでも、貴方はポジティブ思考の人の沢山の考え方に触れる事ができ、良い影響を受ける事が可能となります。

過去の失敗や未来の不安は思考停止する

ネガティブ思考の人は、過去の自分の失敗をいつまでも責めています。

また未来のまだ起きていない自分の失敗を恐れています。

もしあなたがネガティブな未来や過去の事を考え始めたとき、いったん「思考停止」させてみましょう。

思考停止をする方法は、深呼吸をして今の呼吸の回数を数えるという手段がおすすめです。

瞳を閉じて、大きく深呼吸しながら10秒数えて、次にゆっくり息を吐きながら10秒数える。この思考停止の時間が貴方のネガティブな物事の思考ループから貴方を救い出します。

嫌なことを体験したら「ありがとう」と口に出して気持ちを切り替える

仕事で上司から叱られた。

部下に嫌味を言われた。

このように日々の仕事で嫌な人、嫌な体験というのは多くします。そのたびにどんよりと沈んだり、イライラしたりしていると思います。

こういうネガティブな気持になったときにおすすめなのが「ありがとうございます」や「感謝します」というポジティブなワード。

アンラッキーな経験をしたときほど、トイレなどでいいので自分に向かって「ありがとう」と言ってみてください。ありがとうと口にする事で、嫌味な上司からの叱責に対して、新たな面が見えてきます。

嫌な事があったときほどあえてポジティブなワードを口にすることで、自分の脳が混乱し、ネガティブではなくポジティブなイメージが刷り込まれるのでおすすめです。

仕事が嫌、楽しくないとネガティブな事を毎日考えてしまう貴方にとって、仕事が楽しいなんて信じられない事だと思います。

まずは自分のこのネガティブな考え方を改善していく事で、日々が楽しく、生きやすくなる可能性を秘めているのです。