薦田典佳 働くことが楽しい人とつまらない人の違いを知る

成人した方の時間の使い方で、最も多いのが「仕事」をしている時間です。

この時間は貴方にとって、居心地が良いものでしょうか。

それとも苦痛に感じるほど嫌な時間でしょうか。

出来る事なら楽しく仕事をしたいというのは多くの方が感じる事です。

楽しい仕事と一言でいっても、人間関係が楽しい、仕事内容が楽しいなど、どこに楽しみを見出すかは様々です。

仕事が楽しいと感じている方には特徴があります。

例えば自分が夢にまで見た職種で働いている方にとっては、仕事は楽しいものでしょう。

漫画家になりたい、小説家になりたい、パイロットになりたいなどの「夢」を叶えた人にとっては、働く事は楽しいことです。

ですが、多くの働く人は子供のころの夢を叶えているとは限りません。

なんとなく「働く」というレールから外れたくなくて今の会社に勤めている方も多いのではないでしょうか。

嫌ではないけど、別に夢見た仕事ではない。

生活のために食べるために働くに時間を使っている方にとって、この時間をよりよくするためにはやはり工夫が必要です。

仕事が楽しくないと感じている人のケース

仕事が楽しくない人の場合、これらの要因が仕事に対するストレスとなっている事が多いようです。

職場の人間関係が悪い

仕事の基本は人間関係です。そこで自分にとって心地の悪い人間関係を形成していると、会社に行くのが嫌だとなります。

本当は特定の嫌な社員が原因ですが、総じて仕事自体が嫌になりがちです。

ライフワークバランスが整っていない

残業が多すぎて職場にいる時間が長く、自分の趣味の時間や家族との時間が取れない事が原因です。

そのことがストレスとなり、仕事が嫌だと感じます。

通勤時間が長すぎる

通勤時間に30分以上かけている方は人生の幸福度が下がるという実験結果が出ています。

通勤時間が長すぎる事で仕事に嫌気がさすという可能性も高くなります。

仕事の内容が自分に合っていない

営業が得意な人が事務に回されてもストレスですし、対人関係が苦手でコツコツタイプの人が営業職になっても同様です。

自分の与えられている仕事内容が自分に合っていないというのも、働くことが嫌になる原因です。

仕事が楽しくないと感じる人は、これらのいずれか、または複数に当てはまるケースが多いようです。

一方でこれらの要素が少ない、または無い人は仕事が楽しい、仕事は苦ではないと感じます。

今現在自分自身が仕事が楽しいと思えない方は、自分が「働くこと」そのものが嫌なのではない場合もあるかもしれません。

原因についてじっくり理解を深めていくことが第一歩です。